トップへ » 治療について » 審美歯科

当院の審美歯科

度重なる歯科治療による目立つ治療跡、歯の表面もしくは内部の着色・変色などの悩みを解消していくのが審美歯科治療です。審美性に加えて、適切な歯科医療の考えに基づき、美しく機能的に歯を修復していきます。

審美歯科

「銀歯が目立ってしまうから、口を開けて笑えない」
「歯の汚れや色が気になって、自分に自信が持てない」

そういったお悩みや願いを解決するのが審美歯科治療です。

歯の白さや、歯並びなどの美しさに焦点をあてた総合的な歯科治療です。そのため、一般歯科とは目指す治療目的が少し違うかもしれません。しかし、清潔で美しい歯並びは、見た目だけではなくお口の健康にも良い効果をもたらします。

歯は美味しく食べることができる機能を持つ器官であるとともに、人の外見や顔の印象を左右する要素も持ち合わせています。その両方に焦点をあてて、患者さまの希望を取り入れ、その人に合うよう、歯並びや色を整え、口元の健康と健康美を求めていこうというのが、私たちの考える審美歯科治療です。

当院で取り扱っている白い被せ物・詰め物

審美歯科で使用する材料は、主にジルコニアセラミックの2種類です。
これらを組み合わせて患者様それぞれの歯に合ったものをご提案いたします。

ジルコニアの特徴

ジルコニアボンド人工ダイヤモンドといわれる白く硬い素材で、耐久性・耐食性・耐熱性に非常に優れています。セラミックより割れにくいため、歯ぎしりをしたり、咬む力が強い方でも安心して食事していただけます。

一般的に透明感に劣るため単体では前歯には不向きですが、色付けしたり表面を陶材(セラミック)で覆うことで自然な歯の色を再現することが出来ます。また、数種類のジルコニアを組み合わせることで歯の自然なグラデーションを再現したものもあります。

セラミックの特徴

オールセラミック陶材と言われる素材で、硬さと透明感があります。ご自分の歯の複雑な色合いを再現することができ、通常、ジルコニアや金属と組み合わせて使用します。

その他にセラミックだけで作る被せ物もあり、その場合、他の素材(ジルコニアや金属)と組み合わせた被せ物より歯を削る量が少なく済みます。

ジルコニアほどの硬さはないため、歯ぎしりする方には不向きですが、美しさは一番優れています。

セラミックやジルコニアが選ばれる理由

1.白い素材で審美性に優れるので口元の印象が美しい
2.保険診療で使用する金属やプラスチックと違って変色や劣化がなく美しい口元を維持できる
3.金属を使用しないため、歯と歯茎の境目に黒色が見えない
4.劣化が少ないため、丈夫で壊れにくい
5.汚れ(プラーク)が付きにくいため虫歯になりにくく、歯周病の進行抑制にもつながる
6.生体親和性に優れるため、体に優しい
7.金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも使用できる

トップへ » 治療について » 審美歯科


PAGE TOP