トップへ » 治療について » 一般歯科

一般歯科・虫歯治療

当院の一般歯科は、広島大学で臨床経験を積んだ女性歯科医師が担当し、虫歯や歯周病の治療を中心に一般的な歯科治療を提供いたします。治療に関する説明をていねいに行い、患者さまの痛みと不安を最小限にする努力をしております。

虫歯治療

虫歯にはCO(シーオー)からC4まであります。それぞれ症状も違えば、治療法も違います。まずはきちんと診察を受けましょう。

CO(Caries Observationシーオー:要観察歯)CO
歯の表面が溶け始めた初期の虫歯です。ブラッシング方法や生活習慣の改善で、虫歯の進行を停止させることができます。この場合、虫歯が進行していないか、定期的なチェックが重要です。

C1(エナメル質う触)C1
少し穴が空き始めた状態で、自覚症状はほとんどありません。すぐには削らず、COと同様にブラッシングを徹底し、経過観察します。穴が大きくなるようなら削って治療を行います。

C2(象牙質う触)C2
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んだ状態で、冷たいものや虫歯が深くなると熱いものがしみることがあります。C2の場合、虫歯を削り、白い詰めものや銀の被せものをします。

C3(神経まで達したう触)C3
虫歯が神経まで達しています。激しい痛みを感じたり、神経が死んでしまうと炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

治療は神経を取り除いて根の中をきれいにしてから詰めものをします。根の治療を途中でやめてしまうと症状が悪化します。必ず最後まで治療に通うようにしましょう。

C4(残根状態)C4
歯のほとんどがなくなり、根だけが残っている状態です。治療できる歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根の治療を行ってから、被せものをします。症状によっては歯を抜かなければならないことがあります。

歯周病治療

歯周病の症状は、最初はこれといった症状はありません。しかし、末期近くなって症状が現れ、すでに手遅れの場合がほとんどです。軽度のものも含めると、40才以上では5人中4人は歯周病にかかっていると言われます。

歯周病治療そもそも歯周病とは何でしょうか。歯周病は、歯周病菌によって歯を支える骨(歯槽骨)や歯肉に炎症が生じる病気です。
歯は家屋と同じで、土台が悪く、ぐらぐらしていると最後には倒れてしまいます。歯周病は、歯の土台である歯槽骨が少しずつなくなってしまい、ついには歯が抜けてしまう怖い病気なのです。

歯周病が進行すると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。

歯周病の進行具合と治療方法について
歯周病治療●軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯垢や歯石がたまり、細菌の繁殖によって軽微な炎症が起こった状態です。軽度歯周病であればブラッシング指導や歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

歯周病治療●中等度歯周病
口臭やブラッシング時の出血が目立つようになります。少しずつ骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯も動揺してきます。この段階では、徹底したブラッシングと数回にわたって歯石の除去、歯肉の状態を改善します。歯周ポケットの深さが4mm以上あるところは、歯周外科の適応となります。

歯周病治療●重度歯周病
歯肉が化膿し、真っ赤に腫れた状態です。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。


トップへ » 治療について » 一般歯科


PAGE TOP